スキンケア用品通販サイトです。

[2019 父の日ギフト]福美水 FUKUBISUI スカルプローション

★父の日に日ごろの感謝を込めて。
6/16ご注文分まで、無料ギフトラッピング実施中!

防腐剤、乳化剤、抗菌剤、水は一切使わずに無農薬、有機栽培で育った“ローズマリーエキス”と“白樺樹液”だけで作られた自然派のスカルプローション、誕生です。

  • パラベン
    フリー
  • 香料
    フリー
  • 着色料
    フリー
販売価格  6,264円(税込)
数量:

★父の日に日ごろの感謝を込めて。
6/16ご注文分まで、無料ギフトラッピング実施中!

抜け毛、薄毛、弱った髪に。
傷んだ頭皮や毛根をケアして、頭皮や髪を健やかに、ハリコシを与えます。

◆全成分は「ローズマリーエキス」&「白樺樹液」の2つのみ!
①「ローズマリー」は、別名「若返りの水」
頭皮に使うと、毛根に活力を与えて太くし、髪を若々しくしてくれると云われています。

②驚きの生命力をもつ「白樺」
山火事や荒廃した土地でも、いち早く芽を出すという生命力の強さをもつことから、別名「マザーツリー」とも言われる白樺。
頭皮の新陳代謝を促進し、うるおいも保持して、健やかな頭皮に整えてくれます。

◆旬の時期に採れたハーブだけを使用
使用しているローズマリーエキスや白樺樹液は、旬の時期(※)に採取したものだけを配合しています。よって、特に栄養価が高い濃縮エキスが完成します。
※旬の時期:ローズマリーは11月、白樺樹液は4月です。

◆余分なものは一切排除、有機JAS規格よりも厳しい基準で育ったハーブを配合
スカルプローションは防腐剤、乳化剤、抗菌剤、水を一切使っていません。
また、30年以上農薬を使っていない残留農薬の無い土地で、完全無農薬、有機栽培で育った植物やハーブだけを使用しています。これは、有機JAS規格(食品)よりも厳しい基準です。
畑に使う「有機肥料」は、一般的に牛、馬、豚、鶏などの家畜及び家畜の糞を発酵したものが多く、その家畜にも飼育の際、ワクチン接種や抗生物質、成長を促すホルモン剤などを投与している可能性があります。ですが、今回使用されている有機肥料は、無農薬で自家栽培したハーブや麦、遺伝子組換えが無く有機栽培された大豆やトウモロコシなどを餌として与え、健康に育ったその鳩の糞を発酵・熟成させた良質の 肥料を使用しています。

◆ハーブはこだわりの低温蒸留法にて抽出
スカルプローションに配合されているローズマリーは、白樺樹液にローズマリーを浸け置き、低温蒸留しています。低温蒸留することで、熱によって成分が壊れることなく濃縮され、畑に咲くローズマリーと同じような自然な香りになります。
また、通常、蒸留する際には溶媒をったり、精製されたりすることが多いのですが、この製品では溶媒も、精製も一切行わずに、時間をかけてじっくり蒸留しているのが特徴です。ちなみに、20リットルを蒸留するのに約8時間かかります。
手間を惜しまず、成分のポテンシャルを限りなく引き出せるよう、抽出物方法にもこだわっています。

◆ベタつかず軽いつけ心地
頭皮へなじませてもさらっと軽くベタつかず、軽い使用感です。

使い方

シャンプー後の清潔な頭皮に使います。頭皮を額から後頭部に向かって5本(真ん中、左右の耳、その間)に髪を分け、分け目にスプレー(各線に4プッシュ、全部で約20プッシュ)し、頭頂部に向かって小さな円を描くようにマッサージしながら、よくなじませてください。
※育毛目的でご使用の場合は、朝晩2回お使いください。

全成分

白樺樹液、ローズマリーエキス

注意事項

開封前1年、開封後は50日以内にお使いください。合成保存料、合成防腐剤を一切入れておりませんので、開封後は冷暗所に保管してください。また、雑菌の増殖を防ぐため、スプレー口付近に直接触れないようにご注意ください。
レビュー 
ご使用上の注意
  • 傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。
  • お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
  • 化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の仕様を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科医等に相談されることをおすすめします。(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合(2)使用したお肌に、直接日光があたって上記のような異常があらわれた場合
  • 目に入ったときは、こすらずすぐに洗い流してください。
  • 直射日光や高温多湿を避け、お子様の手の届かないところに保管してください。

福美水のおすすめ

  • 福美水ブランドサイトへ

商品チェック履歴

  • 最近チェックした商品はありません。